So-net無料ブログ作成

レオニー  人生を貫く芸術 芸術をつらぬく人生 [Art]

71gCRgbmhQL__SY445_.jpg

先週広島に所用があり戻った折の夕方、Sさんから電話があり、この映画の話になった。電話が終わった後、横で聴いていた弟が,是非その映画を観たい、という。千葉に戻った後、手持ちのDVDを送ってやった。その後、弟から電話があり、いま5回目を観ているところだ、という。朝から連続して観ていたらしい。このdvdを送ったとき、私も気に入っている映画なので見終わったら送り返してくれ、と伝えておいたのだがそれは撤回した。5回も連続して観てくれる者がDVDの所有者となるべきである。わたしはアマゾンで買い直す。2回、3回なら私も連続して観たことはあるが5回連続というのは過去経験がない。普通の映画なら5回連続で見るのは苦痛である。そうならないのは、この映画にパワーがあるからだ。つまり、監督の意志、と、それを伝える技術である。

この映画は母である詩人・編集者レオニーと、その子、彫刻家ノグチ・イサムの物語である。わたしは松井監督の著作を二冊読んだ。この映画の脚本は松井監督が書いたものだが、監督個人の母としての子としての人生経験が脚本に注がれていることは疑いない(母としての経験なしにこの映画を製作したい、とおもいつくことなどありえ...ない)。企画から10年で完成した映画だという。十分それだけの価値がある作品である。思い出すだけで感動が胸に渦巻く作品である。

私たち兄弟はこの10月、母を失った(享年95歳)。この映画のラストシーンで弟も泣いたであろう。衝撃的かつ神々しいラスト、よくこんなシーンを思いついたものである。だが、よく考えれば必然のシーンでもある。早くからこのシーンが念頭にあったにちがいない。それが映画企画製作のエンジンになった。。。


 

(追記) 松井さんを映画監督にしたのは(第一作『ユキエ』をみずから監督するよう、松井さんを説得した)新藤兼人である。我が故郷の偉人新藤兼人はわたしが誇るひとだが、松井さんを監督にしたことは新藤兼人の業績の一つといえる。

47577749_1780267248769380_853190412922257408_n.jpg

(追記2)エミリー・モーティマー。レオニーを演じた、私の知らない英国役者である。よくぞこの俳優を発見した。俳優もシナリオを読み込み、レオニーになりきった。慈愛に満ち、威厳があり、勁き女性、母。このポスターからもそれは十分に伝わってくる。レオニーはこの映画のほとんど全シーンに登場する(出ずっぱりじゃ無いか、とおもうほど)。20代から60代まで自然に演ずるエミリー、われわれはエミリーとともに旅をするのだ。魂が乗り移り、イサムの母になりきっている。。映像に寄り添う音楽もすばらしい。何度見たかわからないこのdvd、冒頭に流れる音楽を聴いただけですぐに胸がいっぱいになる。「お母さん、話を聞かせてください。。」見事な導入部である。

レオニーは詩人である。詩集を出版したかどうか、は詩人の条件では無い。詩の魂をもって生きたかどうか、が詩人の条件なのである。生涯を通して、レオニーは詩人であった。ヨネとは不幸な別れをしたが、若き日、ヨネの詩の推敲に没頭しているレオニーがしたがってこの映画では最も美しいのである。芸術こそが人生をも導く。この映画は芸術礼賛の映画なのである。


nice!(1) 

自殺では無く、制度による殺人である。実習生ではなく奴隷売買。報道しないメディアは共犯者。 [Tragedy]

実習生死亡「3年で69人」=立憲発表、6人は自殺
立憲民主党は6日、外国人技能実習生が2015~17年に計69人死亡していたことが分かったと発表した。同党の有田芳生参院議員が入手した法務省の資料によると、死亡理由は事故や心臓疾患、溺死などで、「自殺」も6件あった。

 死亡者の内訳は15年32人、16年23人、17年14人で、男性54人と女性15人。出身国は中国が最も多い32人で、次いでベトナムが26人、モンゴルが3人などとなっている。

 有田氏は記者団に「異常だ。技能実習生制度のきちんとした総括なしに新しい制度への移行は絶対に認められない」と述べ、参院で審議中の出入国管理法改正案を廃案にするよう訴えた。

 a04cb_1675_e58c494ad94d72851eb02b948a70d4c7.jpg

単に発表だけじゃ無く、海外記者クラブで公表し、世界に発信せい。
日本人であれ、どの國の実習生(じつは奴隷労働者)であれ、人殺しは許されないのである。自殺? ばかを言うでない。殺人である。
制度により殺されたのである。職場を自由に変えてはならないというトンデモ規定。つまり、奴隷であり、逃げたければ失踪するか、死ぬしか無いのである。
 職場を自由に変えてはならない、という規定は、実習生という名の奴隷を待ち構えているのが殺人的待遇、環境、職場であるということを、問わず語りに語っているのである。
 しかし。。こういう規定が国会で可決されるとは。。賛成議員は全員、ただちに銃殺すべきであるとおもうが、如何?生かしておいてもこの日本になんの足しにもならない。

奴隷制度無くば産業が立ちゆかぬ、というのが日本の実態。それを知っている経団連は、手下の官僚と政治屋に奴隷制度の確立を要求し続けているのである。つまり、日本の産業界は死に体であるということの証明である。企業収支の面のみでなく、企業倫理の面において、だ。

こういう明々白々たる違法制度をこれまで生かしておいた野党の責任も重大である。議員の資格、才能が無い、ということ。全員、退場しろ。

 

 本件は、与野党議員が絡んでいる奴隷輸入、という一大スキャンダルである。自浄能力の無い日本では、何をやっても無駄。国連など、強権を持った捜査機関が徹底調査すべきである。まずは、被害者の実態を徹底調査して暴くことだ。野党は国政調査権を持っているんだろう?調査を妨害する官庁,官僚,政治屋に対して拘束をふくむ処罰をすべきである。十年以上前から事実も悪徳業者、斡旋に関わる官僚・政治屋は判明していたのに、報道しなかったメディアの犯罪でもある。経団連がスポンサーであるメディアに何も期待出来ない。野党は、すぐに、海外特派員協会で記者会見し、事実を海外に向かって明らかにしろ。外国人技能実習生が2015~17年に計69人死亡 こういう事実をほったらかしにしてきた国会議員などすぐに身柄拘束、過去十年の給与を没収しろ。


nice!(1) 

「いびつな政策の犠牲者」ベトナム人実習生らの相次ぐ死 [Tragedy]

 

safe_image.jpg

asahi digital

「いびつな政策の犠牲者」ベトナム人実習生らの相次ぐ死 

平山亜理

2018年10月14日05時02分 https://www.asahi.com/articles/ASLBF53B0LBFUTIL00J.html?fbclid=IwAR3sUbYVzQv67aaDqx1HO98gQ_4_HY1vtOWZmtfX4SRcBbWr4OgGvzMhR-U
(記事は省略)

「いびつな政策」と言い換えるメディアの責任なのだ。相次ぐ死、が事故死で有るわけが無い。これは殺人である。人ごとのように書いている。自覚がたりない。「現代奴隷制度」と書け! ピンハネしているのは業者、業者からマージンを受け取る政治屋である。政治屋には野党議員もいるのだ。それを知っていて書かない。「政策」ではない。国家犯罪であり、メディアは共犯者である。


 現代奴隷制の法律化を要求しているのは経団連である。経団連とその使いっ走りの与党は、「労働力が欲しい、日本人はいらない、人間もいらない」のだ。つまるところ奴隷である。しかし、奴隷制度下の奴隷は財産であり、死ぬまで追い詰めなかった。日本の発明した「実習制度」は奴隷制度よりひどい,殺人合法化制度である。昔マルクスが予言した労働者から「最後の一滴の血まで搾り取る資本家」、が無脳政治屋を使ってわがニッポンを跋扈しているのだ。

 

**

麻生太郎氏が最高顧問を務める「日本ミャンマー協会」に"実習生あっせん利権"独占疑惑

     

記事まとめ

  • 日本ミャンマー協会(JMA)にミャンマーからの「実習生あっせん利権」独占疑惑が浮上
  • 実習生を受け入れる監理団体は、JMAに「技能実習生育成会」への入会を義務付けられる
  • JMAの最高顧問は麻生太郎氏で、立憲民主の福山哲郎氏も役員名簿に名を連ねている

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-136071/

****

移民利権で私腹を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

~省略~

外国人労働者の受け入れ拡大で、恩恵にあずかろうとしているのは、法務、外務、労働(当時)など5省の共同所管で1991年に設立された公益財団法人「国際研修協力機構(JITCO)」だ。

15日の野党ヒアリングで、法務省からの再就職者が2015年度からの3年間で計11人に上ることが判明。かつては検事総長を務めた筧栄一氏が理事長に就任していた時期もある。

日刊ゲンダイの調べでは、計15人の役員のうち9人が省庁OBで、法務省の他に厚労省、外務省、経産省から再就職者がいることが分かった。典型的な天下り法人である。

■会費収入うなぎ上り

永田町関係者がJITCOの“商売方法”についてこう解説する。

「ある調査によると、現行の外国人技能実習生の受け入れ先企業は、実習生を受け入れると、JITCOに7万5000円程度の年会費を支払うことになるといいます。事実上の移民拡大で、JITCOの“実入り”が膨張するのは確実です」

JITCOの今年度の収支予算書を見ると、「受取会費」として17億3300万円の収入を得ている。全収益の約8割を占めるから、運営のほとんどを会費に依存している格好だ。

~省略~

JITCOの監理団体や会員企業も対象業種の拡充に比例して、倍以上に増えると考えるのが自然で、会費収入も同じく倍以上に膨れ上がるのは間違いないだろう。

一方で、外国人技能実習生の労働実態は悲惨を極めている。これまでの野党ヒアリングでは、多くの実習生が「病気になっても薬をもらえるだけで病院へは行かせてくれない」「足を骨折したが休業補償を払ってもらえない」と涙ながらに訴えていた。この問題を追及する国民民主党の原口一博衆院議員はこう言う。

「このまま法案が通れば、より多くの外国人労働者が過酷な状況に追い込まれる可能性が高い。その一方で、官僚の天下り団体ばかりが潤うとは、到底看過できません。現在は、世界的に労働者不足で各国で奪い合っている状況です。現状のままでは、日本は世界中の労働者から信頼を失う恐れがある。もっと審議に時間をかけるべきです」

“奴隷拡大”で官僚貴族が私腹を肥やすとは、とても現代社会とは思えない。

【日刊ゲンダイ 2018.11.17.】


nice!(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。